キャリアママの新しいライフスタイル提案 ママのわたしSTORY

キャリアママインタビュー・イベント・資格・習い事情報をお届します。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 池照佳代様 (人事コンサルタント) (後半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

池照佳代さん人事コンサルタントの池照佳代さんです。。

国内からグローバル企業でご活躍されていた池照さんは、ご出産を機に一旦仕事を退職、その後5カ月で新しい会社に就職し、そのかたわら将来のためにと大学院(MBA)で学ばれました。

どのような経緯で独立をされたのか、そして今子育てと仕事をどのように両立されているのか、お伺いしました。

(前半はこちらです)

誰もやらないなら私がやろう!

Q.独立・起業されたきっかけを教えて下さい。

 

池照佳代さま

実は起業家を育成するコースであったにもかかわらず、大学院修了後の起業は考えていませんでした。

ただ、復職を考えたところ、子育てとの時間的両立が難しい立場での仕事のオファーが多く、時間のコントロールを主体的にもてること、また出来るだけ経営に近い立場で人事の仕事をしたいと思い、独立する道を選びました。

不安もありましたが、先輩や同僚に相談したところ、さっそく仕事をいただくことになり、一歩を踏み出しました。踏み出すことができたのは、当時応援してくれた先輩方のお蔭です。

 

ウエディングドレスとのご縁

Q.起業されて良かった点、苦労された点について教えてください

池照佳代さん人事コンサルティングに関しては、起業して7年目を迎えます。お陰様で、これまで新規開拓の営業をしないまま、ご紹介がつながって仕事を続けさせていただいています。本当に人と運に恵まれていると感じます。

人から直接学ぶことが一番だと思っているので、人との出会いの場にはできる限り顔を出すことは大事にしています。あとは、メールや連絡などはできるだけすぐにお返事を出すようにしています。せっかくいただいた連絡はラブレターだと思っていますので、それはもうすぐ、「好きです!」とお返事をしちゃうのです(笑)。

もともと楽天的な所があり、苦労はあまり感じていません。それよりも、良かったことは本当に沢山あります。

まず、会社員では味わえない方々との出会いがあります。また、「池照はどう考えているか」「池照だからこの視点がある」という、代表としての見解や提案を、そのような方々に自分の言葉で伝える機会があることは、会社員時代にはあまりなかった経験です。

 

 

Q.子育てと仕事を両立するコツはありますか?

確かに忙しくしていますが、性分でしょう。幸い身体が丈夫なので、身体が動くうちにはやってきたいなと思っています。

起業した時に自分で決めたことの一つに、「週3回は子供と一緒に夕食をとる」があったのですが、これは今も継続できています。もちろん夕食を一緒にとった後に仕事をしていますよ。自宅、オフィス、そして子供の学校も自転車で動けるくらい近隣にあることや、子供が小さいうちはベビーシッターさんにも助けていただきました。

全てを自分ひとりで背負わず、パートナーやママ友、いろんな方のサポートや知恵を借りながら、というのが良かったのだと思います。

 

タイムマネジメントのコツ

福井遥子さん

もともとタイムマネジメントは苦手なので、子供ができてからは自分なりに工夫を重ねています。

情報は全て手帳に書いてまとめます。基本的に、年単位で自分がやりたい事を年初に書き出し、方向性をつけます。その後は、月単位、週単位に落とし込み俯瞰できるようにします。まずは、子供や家族の予定を赤字で、NPOの仕事などを緑で、など色別れで決まっている予定を書き込みます。

毎朝、手帳の空いた時間に自分がやるべきこと、やりたいことを「時間割」として記入しておきます。常に手帳を見直すことで、調整したり、自分が何に時間がかかっているかを把握したりします。

スケジュールの管理だけでなく、自分が大切にしたい時間を創りだすことが大事だと思っています。たとえば、私の場合は、子供との夕食や、インターン学生への指導時間等です。まだまだ、改善中ですが、この方法も盛り込んだタイムマネジメント講座も、数年前から企業向けに実施していますよ。

 

 

 これからは、人と組織のパフォーマンスを最大化するために、人事のしくみづくり、場づくり、人と人、人と事業を繋げ続けていきたいです。

それには、個人の能力開発、ネットワークの構築、そして組織開発が必要です。一人ひとりのキャパシティを大きくするには、視点を高くもって仕事に取り組むことも不可欠です。会社(組織)内の視点だけでなく、広く社会に視点を向け、自主的に力を発揮し、そんな人同士が集まった時の相乗効果で社会に貢献するような場を創りだしたいです。

例えて言うなら、会社員のためのジャニーズ事務所の社長さん(ジャニーさん)のような存在でしょうか。それぞれの人材がもつ個性を強みにし、舞台や映画などといった活躍の場を創り、テーマやコンセプトをもったグループとして組織力が発揮できるようにする。そんなプロデュースに携わりたいですね。

日々、いろいろな課題に直面しますが、「あの手この手」「よってたかって」手法で解決に向かいます。課題の解決のためには、一つだけでなく様々な方法を、様々な方からの知恵をもって解決にあたるということです。

「あの手この手」「よってたかって」は私が困難な課題やプロジェクトを前にした時のモットーです。
こうやって、多様なメンバー構成のチームで事に取り組み、目的を達成することが好きなんですね。

 

仕事と子育てはプロジェクト

Q 最後に好きなことを仕事にしたいと思っているママへのメッセージとアドバイスをお願いいたします。

 「子育てしながら好きなことを仕事にする」これ自体をプロジェクトと捉えて取り組んではいかがでしょうか

自分がどう子育てや家庭と仕事をどうバランスをとって生活したいのかを長期視点をもち、リソース(資源)となるヒト(旦那さんや家族、ママ友など)、モノ(行政のインフラや、時短家電など)、カネ(シッターさん代や、時にはタクシー代など)、そしてジョウホウ(ママ友ネットワークや、先輩方のアドバイスなど)を上手にマネジメントする。

起きているほぼ全ての事は、プロジェクトとしてとらえられると思っています。そのためにも、常にヒト・モノ・カネ・ジョウホウをマネジメントしていく視点は、常に磨き続けてほしいなと思います。私も、がんばります。

 

(インタビュアー 小宮敦子)

池照佳代さま プロフィール

 

池照佳代様

英会話学校での講師・学校運営を約1年経験。その後、マスターフーズリミテッド、フォードジャパン、アディダスジャパン、ファイザー、日本ポールにて一貫して人事を担当。 担当分野として採用、教育、評価制度設計と運用・タレントマネジメント、ダイバーシティ・キャリアプログラム企画実行等人事業務全般とスタッフ、部下育成に携る。

2006年(有)アイズプラスを設立。主に企業向けに人事制度設計、社内外コミュニケーションデザインと実行支援、キャリア教育支援、研修設計・講師業務を提供。2010年より、セミオーダーオリジナル制作・販売のマイブックプラス事業スタート。個人顧客・法人顧客向けに絵本制作販売とコミュニケーション支援を実施している。
法政大学専門職大学院 イノベーションマネジメント研究科 MBAコース修了(2006年)
カリフォルニア大学リバーサイド校 TESLプログラム修了(1991年)

 

  人材の育成・開発・コンサルティングなら人事に強いアイズプラス

女性が好きなことをしながら育児も仕事も楽しめる場をITを通じて創り出すことを目指して活動中。 大学卒業後、出産育児関連事業に携わり3年間で200人のママと交流。リアルなママの喜びも悩みを知る。 2社目では、女性活用プロジェクトに参画し、企業の女性活用の理想と現実を目の当たりにする。 海外での業務も経験し、欧州のワーキングマザーの実情からも学ぶ。現在はIT系企業に勤務し、 個人が才能を活かして制約に捉われない新しいワーキングスタイルが増えていくことを実感。 自分の好きなこと、経験やキャリアを活かして自らの働く機会を自ら創出するスタイルを 実践しているママ起業家インタビューを実施。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 池照佳代様 (人事コンサルタント) (後半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメント

コメント

こちらの記事もオススメです

ファイナンシャルプランナー 八木陽子様八木陽子様 (ファイナンシャルプランナー) (後半)
fukuisan16福井遥子様 (マーケティングコンサルタント) (後半)
島田敦子インタビュアー 島田敦子