キャリアママの新しいライフスタイル提案 ママのわたしSTORY

キャリアママインタビュー・イベント・資格・習い事情報をお届します。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 森本 千賀子 様 (株式会社リクルートエグゼクティブエージェント) (前半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

森本千賀子さん

『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』、『リクルートエージェントNo.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』、『メンターBOOKS 女性管理職のFAQ』など数々の著書を出され、さらにNHK番組「プロフェッショナル~仕事の流儀~」への出演など、多くの女性の理想、憧れである森本千賀子さんにお話を伺いました。
(→後半はこちらです)

(※ 「Switch cafe」 web siteからコンテンツ提供)

株式会社リクルートエグゼクティブエージェント・エグゼクティブコンサルタント 森本千賀子さん

大学卒業後、株式会社リクルート人材センター(現リクルートエージェント)入社。大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業を担当し、人材戦略コンサルティング、採用サポートを手がける。2010年よりリクルートエグゼクティブエージェントのエグゼクティブコンサルタント。20代から、組織において自分の強みの活かし方や必要とされる人材になるための考え方を突き詰め実行。累積の営業実績は入社以来常にトップを走り続けている。2012年にNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。毎朝3時に起床し、自分の時間を確保しながら、2児の育児を楽しむ。

 

経営の要を支える仕事

Q.今のお仕事について教えてください。

株式会社リクルートエグゼクティブエージェントにて、経営層を中心とした採用支援や人材戦略のコンサルティングなどを手がける「エグゼクティブコンサルタント」の仕事をしています。元々入社したのはリクルート人材センター(現リクルートエージェント)になり、入社当時からリクルーティングアドバイザーとして、常に経営の要となる人材コーディネートに携わらせていただいてます。

 

 

パーソナルブランドを確立する

Q.企業で活躍していく上で大事にされてきた事は何ですか?

企業という組織で働く上で、どうすれば自分がやりたいことができるか?を意識して働いてきました。それは、「自分のキャリアと向き合って、自分だからこそできること、自分の強みとそして好きな事を活かした自分ブランドを確立する」ということです。
そう思うに至ったのには入社3年目のある出来事がきっかけでした。ある日思いもよらぬ人事異動があり、今まで担当していたクライアントも、一緒に仕事をしていたチームメンバーも変わり、もちろん今まで築き上げてきた業績も全部リセットになりました。入社1年目から働くメンバーに恵まれ、そしてナンバー1という好調な業績をあげられていたこともあり、異動によって全てがリセットになった事にとても衝撃を感じました。会社員としてはごくごく日常的な光景なのですが、その時に改めて「サラリーマンとして働くというのはこういうことなんだ」と骨身に染みて実感することになりました。

森本千賀子さんその後、「妥協せずに自分のやりたいことを組織の中で実現するにはどうすれば良いのか?」ということを真剣に考えるようになりました。そこで行き着いたのが、“パーソナルブランドを創る”ことだったのです。マトリックスで自分の強み、弱み、そして好き、嫌いを書き出して、強み×好きなエリアを徹底的に考え抜きました。私の場合は、中小企業の社長であった父親を間近で見てきたことから、中小企業経営に対する知識をベースとした強みと、どうしたら収益をあげられるか?といったビジネスモデルを考えるのが以前から大好きだという好きなことの掛け合わせから、自分ができる事かつやりたい事が明確になりました。

そこからは積極的にオーナー企業やベンチャー企業の仕事を意識して担当するようになり、自分の強みを上手に打ち出せるようになりました。その結果、自然とオーナー企業やベンチャー企業の案件があると「それは森本に」と仕事が徐々に回ってくるようになりました。ブランドが確立してきたなと感じたのは20代後半の頃で、そこまでには2-3年はかかったと思います。

よく小企業やベンチャーを担当していると、「森本さんも自分で独立を考えたりしないのですか?」と聞かれることもあります。しかし、私が世の中にどのように貢献できるかと考えた時に、自分が直接起業するよりも組織の中で、様々な企業を応援することの方が、結果的により社会に貢献できると信じています。

 

メンター、サポーターの存在

20代の頃から強み×好きなことの掛け合わせ、それをどう周りに知ってもらい専門スキルを磨くか?と考えることができたのは、身近な諸先輩方のお陰だと思っています。幸いにも先輩方に可愛がっていただけ、企業で働くということについて、先々キャリアや仕事がどのように変化、進化していくのか、どうしたら良いのかなどについて自身の経験を沢山伺い、アドバイスを頂くことができました。仕事を思うように進めることの大変さ、何を意識すれば良いのかなど沢山のメッセージをいただいた事で20代からパーソナルブランドを確立する大切さを早い段階で認識できたのだと思います。

 

一人で抱えない

Q.子育てとの両立はどのようにされていますか?

森本千賀子さん実家が関西ということもありすぐに色々とお願いできる親類が周りにいないというのが現状です。そのため、周りの人の力を借りながら仕事と子育ての両立をしています。意識していることは、基本的に何事も一人で抱えないこと、そして自分に過剰なストレスをかけないことです。自分がやるべきこと、他の人にお願いできることを明確にして、シッターさんや夫に協力してもらいながらやりくりしています。やはり一人で全てのことは出来ない、ということを認識することが重要だと考えています。

私の中でお願いさせていただく時の順番があるのですが、一番はシッターさん、次に夫、夫がダメな場合には義理の母、ただ義理の母が忙しいことも多く、そんな時には同じマンションのママ友を頼らせてもらっています。マンションのママ友とはお互い助け合いネットワークができていて、週末には我が家は同じマンションの子供たちが自由に出入りできるようになっていて、ご近所さんみんなが集まる場になっているんですよ。

 

自分がやるべきことを見極める

さらに、両立のコツとしては、プロの手を借りるということも必要だと思います。ワーキングマザーだから家が汚くても良いという訳にもいかないですよね。私の場合は、家事についてはプロに任せるようにしています。自分自身は家事はとても好きなのですが、どうしても限られた時間の中で、自分がやるべき事、他の人にお願いできる事を考えた場合に、家事は自分がやるよりも、プロにやってもらった方が明らかに効率が良いと思いアウトソーシングしています。

私が頑張って綺麗にする2時間と、プロの方が掃除する2時間ではアウトプットには大きな差があります。完璧に綺麗にしてもらえますし、まさに自分がやるよりも良い結果になるということからも、我が家では週2回程ベアーズさんにお願いします。日本では、家事を他人に任せるというのは、まだ躊躇する人が多いと思います。ただ、本当に自分がやるべきこと、自分でなくてはできないことの優先順位を考えた時に、プロにお願いするという選択肢をもっと沢山の女性が考えても良いのではないかなと思っています。

 

自分の時間は一工夫

仕事と子育ての時間の中で、中々自分の時間を確保することは難しいですよね。私の場合は、夜は子供達と一緒に10時頃に寝て、朝3時に起きて早朝に自分の時間を確保しています。また、我が家では夫との取り決めで、実は週1回自由にして良い日というのを設定しています。これは夫と相談して決めた事なのですが、週に1回夫が子供達をみていてくれるので、その日は思いっきり働いて、思いっきり遊んでいます。笑。ビジネスパートナー、同僚、友人知人とお酒を楽しんだり、カラオケに行ったりといつも気づくと朝になっていることがほとんどなのです。笑。本当に心から好きな仕事なので、お客様とカラオケに行った後にオフィスに戻ってきて仕事をしていることもよくあります。

この話をすると、「仕事もして、子育てをして、遊ぶ時間も確保して、しかも徹夜もしていて、森本さんは本当にタフですね」とよくわれますが、週1回の貴重な時間に自分が楽しいと思えることを思いっきり楽しむことが、日常生活でストレスを感じず、楽しく過ごせている秘訣の一つなのかもしれません。
(後半はこちら→)

森本千賀子さん プロフィール

大学卒業後、株式会社リクルート人材センター(現リクルートエージェント)入社。大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業を担当し、人材戦略コンサルティング、採用サポートを手がける。2010年よりリクルートエグゼクティブエージェントのエグゼクティブコンサルタント。20代から、組織において自分の強みの活かし方や必要とされる人材になるための考え方を突き詰め実行。累積の営業実績は入社以来常にトップを走り続けている。2012年にNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。毎朝3時に起床し、自分の時間を確保しながら、2児の育児を楽しむ。

【書籍・メディア情報】

『リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』(大和書房)
『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』
(幻冬舎)
『HONKI SWITCH ON 本気になれば人生が変わる! (ナナブックス)
『メンターBOOKS 女性管理職のFAQ』
(朝日新聞出版社)
『1000人の経営者に信頼される人の仕事の習慣(日本実業出版社)
『本気の転職』(新星出版社より11月27日(木)発売)

★『プロフェッショナル・勝負の極意スペシャル』
※ 「NHKオンデマンド」というサイトにて、番組のインターネット配信中。
https://www.nhk-ondemand.jp/ 「特選ライブラリー」にて配信中。

森本千賀子さん森本千賀子さん森本千賀子さん森本千賀子さん 森本千賀子さん

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 森本 千賀子 様 (株式会社リクルートエグゼクティブエージェント) (前半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメント

コメント

こちらの記事もオススメです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA千葉聖美様 (インテリアデザイナー) (後半)
kakuraisan-14加倉井さおり様 (ウエルネスライフサポート研究所代表) (後半)
oginosan-8荻野 みどり様(ブラウンシュガーファースト代表)(後半)