キャリアママの新しいライフスタイル提案 ママのわたしSTORY

キャリアママインタビュー・イベント・資格・習い事情報をお届します。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 八木陽子様 (ファイナンシャルプランナー) (前半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

八木陽子さん

ファイナンシャルプランナーとしてマネープランの作成・家計相談から、現在は子供のマネー教育・講演活動など幅広く活躍中の株式会社イー・カンパニーの八木陽子さんです。

八木さんは、子供が小さいときには「できる範囲」でのお仕事スタイルを模索され、お子さんが大きくなるに併せて活動範囲を広げられています。

まさに「ゼロ」からのスタートを果たした八木陽子さんのストーリーを前後半にわけてご紹介します。

 

二つの転機

 

 

Q. ファイナンシャルプランナー(FP)として独立起業されたきっかけは?

今から約10年前になりますが、夫の福岡転勤が一つの転機でした。元々起業しようと決めていた訳ではありませんでした。福岡では知り合いもいなく、会う人といえば宅急便の人くらい(笑)。元々出版社で編集者として忙しく働いていたこともありそのギャップに落ち込むこともありました。そんな中、ライターをやらないかと声がかかったことがフリーのライターとして独立するきっかけでした。

八木陽子さん時代背景と自分の興味からマネー連載を中心に扱うようになりましたが、専門ではないため、監修を九州で第一人者のファイナンシャルプランナー(以下FP)の女性にお願いすることになりました。当時はFPという職業も知りませんでしたし、ましてや独立系FPという、どこの組織にも属さず中立的な立場で個人のマネー相談にのるという職業があることなど全く知らない時期でした。

 

彼女との出会いを通じてFPという仕事の魅力と、プロフェッショナルな働き方に感化され、ライターからFPに転身したいと考えるようになりました。ライターをしながらその後、妊娠・出産を経て約4年間かけてCFP、FP技能士1級を取得し、FPとして活動する自信をつけていきました。

 

 

大人のマネー相談から子供向けマネー教育へ

 

Q. 決断から現在の会社設立までの具体的なプロセスは?

八木陽子さん東京に戻ってきてからもしばらくライターとしての仕事を続けてはいましたが、自らが情報発信する側になりたいと思い、FPの活動を本格化することにしました。

FPとして沢山の個人の方の相談を受けるようになりましたがその中で、「親のお金に対する考え方が子供に強く影響しているのではないか」と強く感じるようになりました。例えば小さい頃、親から「お金を貯めるのが良い事、使うのが悪い事」と言われてきたある会社員の女性は、貯金はできても上手にお金を使うことができませんでした。お金は上手くためて上手く使っていくことが幸せなのですが、「使うのは悪」という刷り込みがあるのでお金を活かすことができなかったのです。

キッズマネーステーションそのような経験から、子供の時代に金銭感覚を養いそして大人である親も一緒に学べる場があればと思い、金融経済サイト「キッズ・マネー・ステーション」を開始することになったのが2006年頃です。

翌年、今後のビジョンを明確にするきっかけと客観的に自分の事業を考えようと女性向けの起業塾にも行きました。ここでは、沢山の女性起業家の友人達と出会えたことが大きな財産で、今でもその人脈に助けられています。

その後、法人と契約する仕事が増えたり、複数のFPと共同で一つのプロジェクトをする仕事も出てきたことから、2008年にイー・カンパニーを設立しました。

 

時間の有効性とチャレンジ

 

Q. 起業されて良かったこと、苦労されたことは?

八木陽子 マネー教育まず、起業して良かったことは”時間が有効に使える“ということです。会社員ではないので、決まった時間に拘束されず、自分で自由に調整できることが、ママにとってはとても良い点だなと思っています。

特に小さな子供がいる場合に、2歳くらいまではよく熱も出しますし、そういった時の保育園の急なお迎え時など誰かに気を使うなどはないですし、その点は良かったと思います。また、そもそもそういうことが起きると想定して子供が小さい間は仕事を調整するといったこともできました。

逆に苦労した点は本当に沢山あります(笑)。FPの仕事については、そもそもまだFPが日本であまり根付いていないこともあり、更にマネー教育は実施例があまりなく参考になるものがとても少ない状況でした。欧米の現状などを学びましたが、それがそのまま日本に当てはまる訳でもありませんでしたので、常に自ら新しいものを創る、生み出すといった苦労があり、まさにチャレンジの連続だったと思います。

(後半に続く)

(インタビュアー 小宮敦子

八木陽子さま プロフィール

八木陽子上智大学外国語学部卒。学生時代は大好きなフランスに何度も行く。 大学卒業後、2つの出版社に約6年ほど勤務。書籍や雑誌の構築、企画から世に送り出すまでのフル回転のおもしろさを味わう。その後、フリーとして独立し、2001年ファイナンシャルプランナー(AFP)、2005年CFPを取得。「お金と向き合うことは、人生を考えること」がポリシー。120以上におよぶ雑誌・テレビなどのマスメディアからの発信実績をもとに、約500名の会員でにぎわう金融経済教育サイト「キッズ・マネー・ステーション」を主宰、300名以上の家計相談を実施。一貫して、顧客の立場に立った「マネープラン」を提案する。2008年、株式会社イー・カンパニー設立。2012年キッズ・マネー・ステーション認定 講師養成講座し、講師養成を通じてマネー教育の全国展開を目指す。

 株式会社イ―カンパニー

 Kid’s Money Station

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 八木陽子様 (ファイナンシャルプランナー) (前半)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメント

コメント

こちらの記事もオススメです

島田敦子インタビュアー 島田敦子